子供の虫歯予防歯磨きならこれ!効果は本物人気No.1

子供の虫歯を徹底的に防ぐには、虫歯菌除去効果のある歯磨きが必要です

虫歯菌は子供の口の中にどこから感染しているのか

子供の虫歯予防,歯磨き

母親から感染するのが一番大きな原因

虫歯の元凶である虫歯菌は子供の口の中にどこから感染しているのかをあなたご存知でしたか?
虫歯菌にはいろいろな種類がありますけれど、一番恐れられているのはミュータンス菌です。
ミュータンス菌は一般的な歯磨き粉を使って簡単な歯磨きをするだけでは取り除きにくくて、酸を出して歯を溶かす力を持っていますから、子供には絶対に感染させてはいけない虫歯菌だと言えるでしょう。
生まれたての赤ちゃんの頃は持っていないミュータンス菌がどこから感染するのか?といえば、母親から感染するのが一番大きな原因です。
つまりミュータンス菌は母親を始めとして赤ちゃんと接する人の唾液が原因となって感染していくのです。感染したミュータンス菌は生えてきた乳歯を虫歯にして普通に歯磨き粉で歯磨きをしていても、子供を悩ませる元になってしまいます。

 

乳歯の場合は虫歯になっても問題ない?

子供の虫歯予防,歯磨き

乳歯の場合は生え変わるから別に虫歯になってもそんなに問題じゃないんじゃないか?と考える方がいますけれど、口の中に虫歯菌が増殖してしまうと、当然虫歯になりやすいし、乳歯の時に虫歯で歯を失ってしまうと、永久歯が正常に生えてこない、曲がって生えてくることが多くなります。

そうなれば歯並びが悪くて噛み合わせが悪くなってしまいます。そして子供の頃に虫歯が多かった人は、大人になって毎日歯磨きをしていても虫歯が多くなる傾向があります。大人になっても虫歯で悩まないためには、乳歯の時から子供の虫歯予防歯磨き粉を使って虫歯の予防をしっかり行うことがとても重要になるのです。

注目される子供の虫歯予防歯磨き粉「ブリアン」

国際特許を取っている虫歯予防歯磨き粉のブリアン

子供の虫歯予防,歯磨き

2016年10月現在、子供の虫歯予防歯磨き粉として最も注目されているのが、虫歯予防成分BLISM M18という国際特許を取っている虫歯予防成分を配合した子供の虫歯予防歯磨き粉のブリアンです。

 

子供の虫歯対策歯磨き粉ブリアンに配合されている【BLIS M18】は驚きの効果を持ちます。

 

ニュージーランドで発見されたBLIS M18は、虫歯になりにくい子どもたちを研究している段階で見つかった虫歯菌除去成分です。
BLIS M18が配合された子供の虫歯予防歯磨き粉ブリアンが注目を集めているのです。

 

ブリアンに配合されたBLIS M18の効果効能

子供の虫歯予防,歯磨き

ブリアンに配合されたBLIS M18は一度口の中に住み着いてしまった虫歯菌(ミュータンス菌)がいたとしても、その菌を減らして虫歯予防をしてくれる全く新しい虫歯菌除去成分です。さらに、虫歯菌の餌になっている歯垢を取り除く働きも持ちますから、虫歯菌(ミュータンス菌)が住み着きにくい環境を口の中に作り出して虫歯菌を排除してゆくのです。まさに子供の虫歯対策には最適な効果を発揮してくれる虫歯菌除去成分(BLIS M18)が配合された、子供の虫歯予防歯磨き粉がブリアンなのです。

 

虫歯菌を除去してくれる歯磨き粉は現在、ブリアン以外には存在しません。
ブリアンという名前の虫歯を除去してくれる歯磨き粉は、現在様々なメディア、インターネットやテレビ、新聞などでとても話題になっている歯磨き粉です。

 

ブリアン公式サイト

↓↓↓↓↓

虫歯菌除去専用デンタルケア『ブリアン』

虫歯 3つの原因(要素)とは?

虫歯 3つの原因(要素)について

虫歯になる条件は4つあります

そしてその条件が4つ揃わなければ、虫歯になることはありません。

4つの条件とは
  • 虫歯菌
  • 環境
  • 糖分
  • 時間

の4つです。

あなたは虫歯になってしまう原因というのは砂糖があるからだと思っていませんでしたか?

これは大きな誤解であって、

虫歯を防いでいくためには歯について正しい知識を持つことが大事です

歯を、とても一生懸命に歯磨き粉をつけて磨いて、甘いお菓子なども我慢をする努力をしていたとしても、虫歯菌が口の中にたくさん存在している人は虫歯になりやすいことは明らかです。

ですから小さな子供の時から虫歯菌除去歯磨き粉を使って、正しい食生活などをきちんと身につけさせて、虫歯菌を口の中から除去しておけば、甘いものを食べたとしても虫歯になりにくい歯になることができるのです。

子供の虫歯予防,歯磨き

このことは

  1. 虫歯菌が活動する歯
  2. 口の中に住み着いてしまっている虫歯菌
  3. 虫歯菌が糖分を取り入れる
  4. 一定以上の時間が経過している

その四つの条件が揃って虫歯になるということなのです。

これにさらに影響を与えている条件には唾液の量と質であって、唾液は虫歯のなりやすさに影響を与える大きな環境因子でもあります。

正常な口の中っていうのは、限りなく中性に近い弱酸性の状態です。ですが、食べ物を口に入れると口の中は酸性にぐんぐん傾いていきます。
歯からミネラル分が溶け出す現象のことを脱灰と呼んでいますが、PH5.5を越えて酸性に傾くと、口の中で脱灰が始まります。脱灰は虫歯の前兆とも言えるでしょう。
食事で口の中が酸性に傾いても唾液の働きがあるので、口の中のPHを中性に戻すことは可能です。ですが間食などのだらだら食べているような事を続けていれば、唾液の働きが追いつかないで、口の中は酸性の状態にいる時間が長く続いてしまって、虫歯にとてもなりやすくなります。
子供の虫歯予防,歯磨き
ですから甘いおやつと食事はいっぺんに食べる、デザートとしておやつは食べるようにしましょう。
もしくは口の中を酸性にしないおやつを食べるということも一つの方法です。
もちろん虫歯菌除去成分入りの歯磨き粉を使うことは当たり前の条件となるでしょう。

妊娠中から虫歯の予防

子供の虫歯予防,歯磨き

赤ちゃんは生後6ヶ月ぐらいから歯が生え始めますが、歯の芽というのが妊娠6週目ぐらいから出来始めているものです。
年輪のようなものが歯で、現在の母親の栄養がおなかのなかにいる赤ちゃんの歯を作り出しています。

 

 

ですから歯の良い赤ちゃんを育てるためには、妊娠中のお母さんはいくつかの点を心がけるようにしてください。

子供の虫歯予防,歯磨き

  • 虫歯の予防をしましょう
  • お母さんはカルシウムを十分にとるようにして下さい
  • バランスの良い食事をよく噛んで食べるように心がけましょう
  • ストレスをできるだけ解消してください
  • 虫歯菌(特にミュータンス菌)の量をチェックしてなるべくミュータンス菌の量を減らすようにしましょう

 

 

ブリアン公式サイト

↓↓↓↓↓